岡山・東京・広島・東北の未来を造る

三幸工務店

  • 会社概要
  • お知らせ
  • 業務案内
  • アクセス
  • 採用情報
  • CSR活動
  • お問い合わせ
  1. トップページ
  2. 工事レポート
  3. 2013年のレポート一覧

旭川江並護岸工事レポート1

2013年11月29日

PA141058-2.jpg

ただ今、岡山市中区江並で旭川の護岸工事を行っております。

上の写真は、矢板を打っている様子です。

12mの矢板を840枚、10/1から10/28まで約1か月で打ちきりました。

当初は、岸からの打設予定でしたが、海上より矢板を打つ海上施工となりました。まっすぐ矢板を打つために、1本ずつ測量を行いながら打っていきます。海上での作業のため、矢板をまっすぐ打つのが難しく、切磋琢磨しましたが最後まで成しとげることができました。

この工事は平成26年3月31日まで続きます。これから、冬本番を迎えますます厳しい寒さになりますが、寒さに負けず安全第一でこれからも行ってまいります。

上道幹線汚水管築造工事レポート1

2013年07月18日

 弊社では現在、岡山市東区竹原地内を発進立坑として、県道西大寺山陽線の地下6~7mに、延長L=2,093m、内径φ1,000mmの下水道管渠をミニシールド工法にて築造する工事を行っております。
 また、中間立坑11箇所の中間接続は、小口径推進工法により築造管と接続します。

 工期は、平成24年12月27日~平成27年2月28日の予定です。
 現在は、仮掘進が完了し、本掘進のための設備などの場内整備を行っています。7月から本掘進を開始し、平成26年9月ごろの到達を目標としています。

 前田建設工業株式会社様とのJV(共同企業体)で、元請け職員3名、協力業者約9名で作業を進めております。7月下旬ごろからは、昼夜の2交代制での施工になります。

 現場の状況ですが、夜も作業しますので、近隣に騒音を与えないように防音ハウスの中での作業となります。よって、屋内作業となりますので、日が直接あたらないものの風通しが悪いため、熱中症に注意して作業を行っています。

 これからは夏本番を迎えて現場での作業も厳しいものとなりますが、安全第一・健康第一を忘れずに、現場作業員が一致団結して現場力を発揮して、そして地域の皆様に喜んでいただけるような設備を作り上げるようにがんばってまいります。

1.JPG

 

2.JPG

シールド機搬入の様子です

 

IMGP1191.JPG

 防音ハウスです

 

 IMGP1676-1.JPG

 現場力を発揮してがんばります!!

H25.6月「竣工が近づいてきました」

2013年06月17日

エルム 完成前1.jpg

エルム 完成前2.jpg

施主様よりうれしい一言がありました。
仕上がりの良さをほめて頂きました。
この一言は何よりもうれしい言葉です。
この施設を実際に使われる方のことを、考えての変更も行ってきました。
今度は、実際に使って頂く中で「使い勝手がいい」と感じて頂けたら、本望です。

H25.3月「災い転じて福となす」

2013年03月08日

13-03-11-1318-2.jpg

鉄骨工場製作の遅れにより、建て方が予定より5日遅れました。
余裕を持たない工程での5日遅れ。
厳しい状況の中、工程管理を練り直し、鉄骨業者のみで集中作業させました。
なんと、結果は工期短縮。
現場は、前倒しの雰囲気が定着し、順調に進んでいます。

H25.2月「基礎工事」

2013年02月08日

13-02-12-1549.jpg

配筋等もろもろのチェックは欠かすことはできないが、その中でも一番、神経を尖らせたのが
ベースパックの位置確認。少しの狂いも見逃せません。
この時期、施工図のチェック等もあり、昼夜通してチェック三昧です。

  • 1

©2013 Sanko Construction Co.,Ltd.