三幸工務店

2022.09.08

その他

山陽自動車道耐震補強工事 進捗レポート⑥

山陽自動車道福山西IC~尾道IC区間の橋梁耐震補強工事が着工し、10カ月が経過いたしました。

前回に引き続き、伊予兼橋について進捗状況をお伝えします。

前回の記事はこちら

現在伊予兼橋では、炭素繊維巻き立て工を進めております。

現在の工程では、耐震性能を高めるため、強度に優れた炭素繊維を橋脚に巻きつける作業を行っています。

まず、炭素繊維を巻きつけるため、橋脚に接着剤となるエポキシ樹脂を塗り、その上から炭素繊維を貼り付けます。

     エポキシ樹脂 の下塗り

      炭素繊維の貼り付け

その後、エポキシ樹脂と炭素繊維を一体化させるために、エポキシ樹脂の上塗りを行います。

                エポキシ樹脂の上塗り

エポキシ樹脂に含まれる有機溶剤は、人体に有害とされる為、使用する際には、マスク・メガネを着用するなど、安全対策を行って施工をしています。

また、こまめな休憩と水分・塩分の補給を行い、熱中症対策も行っています。

今後も安全第一で施工を進めて参ります。