三幸工務店

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。
三幸工務店は事業活動を通してSDGs達成に貢献してまいります。

土木・建築事業

当社では、「誰もが安心・安全で豊かに暮らせる街づくり」を使命として、品質管理の徹底とハイレベルな施工を行っており、国土交通省様からも多くの表彰をいただいております。
また、ICT施工をはじめとする最新技術を積極的に導入することで、施工技術の向上と業務効率化をはかり、誰もが働きやすい職場環境づくりを目指しています。

対応するSDGs

海外事業

グローバル化の進んだ現代において、海外を含めたインフラ整備事業は、日本と関係国、双方の経済発展につながると考えております。また、継続的な経済発展には、人材育成と雇用創出が必須です。当社では、ラオスの若者を日本に招き、語学・技術研修を10カ月間行い、当社の現地法人で雇用しております。研修で身に着けた技術を活かし、日本品質の製品づくりを行うことでインフラ整備事業を支えるとともに、雇用創出による経済発展にも貢献しています。

対応するSDGs

Womanワーキング活動

女性も活躍できる職場にするために、女性が現場パトロールを行ったり、社内制度や福利厚生について話し合ったりする場を作り、職場環境の改善に努めています。

対応するSDGs

地域貢献活動

地域の方々や今後の社会を担う若者に建設業への理解を深めてもらうため、現場見学会を定期的に開催しています。
また、地域の子供たちが健やかに育つようにとの願いから、絵本の寄贈や展覧会への招待など様々の取組みを行っております。

対応するSDGs